ツシマヤマネコとの遭遇―その2-

今日はまず先日のツシマヤマネコの続きです。一旦田んぼの隙の茂みに姿を隠したネコ、山に入るとしたらここからと思われるあたりに近づくといつの間にか思ったところよりだいぶ先にいました。
tsushimayamaneko_4716.jpg
あまり警戒する様子もないようなのでそっと近づいて…
tsushimayamaneko_4733.jpg
ネコから見れば私たちは逆光ではあるのですが、しっかり私たちの存在はわかっているはずなのに
tsushimayamaneko_4737.jpg
田んぼの畔で一息
tsushimayamaneko_4782.jpg
さらに一息。これ見よがしに大サービスです。
tsushimayamaneko_4802.jpg
ようやく山の方に向かって
tsushimayamaneko_4814.jpg
道路に出てきましたが、十分撮らせてくれたのでこれ以上覆うことをせず見送りました。
tsushimayamaneko_4822.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

kamiyan
2019年12月16日 20:54
タネコがのんびりしてるところをたっぷり見せてくれましたね。害意がないのも分かっているみたいです。
マイ野鳥図鑑
2019年12月17日 16:50
出会う機会が希少になったなかでこれだけ遊んでくれるとうれしいですね。
通信使
2019年12月18日 08:49
kamiyanさん:
ふつうは人間の姿を見るとすぐに姿を隠すのですけどねえ。何故だかゆったりしていましたねえ。

マイ野鳥図鑑さん:
まったくです。思いがけないサービスに恵まれました。
fujio
2019年12月20日 21:20
野生の獣がこんなにゆっくり撮らせてくれるなんて、人間慣れしてるんでしょうかね~?。
通信使
2019年12月20日 21:45
fujioさん:
最初に欲を出さないで草かぶりの中で撮っていたのがよかったのかもしれません。それですっかり落ち着いた感じでしたから。